ある日ある時・・・

ふと足をとめて、記憶の通い路を彷徨う自分を眺める。悟りとは無縁の未熟を楽しむ・・・。

ある日ある時・・・ イメージ画像

更新情報

佐井好子なんて、言ったって多分知らないだろうなあ・・・。 彼女は、1970年代後半にひっそりと活動したシンガーソングライターだったんだけど・・・。4枚のアルバムを発表したが、特にヒットする曲もなくひっそりと姿を消して行ったんだ。 当時でも、彼女の歌が一般受けす
『佐井好子なんて知らないだろうなあ・・・』の画像

カルメン・マキ(1951年5月18日 ~) 歌手、ロックミュージシャンである。日本国籍を取得するまでの本名はMAKI ANNETTE LOVELACEであったが、現在の本名は非公表。 アイルランド人とユダヤ人の血を引くアメリカ人の父と日本人の母との間に神奈川県鎌倉市で生まれる。 1968
『時には母のない子のように』の画像

エラ・フィッツジェラルド(1917年~1996年) ヴァージニア州ニューポート・ニューズに生まれ、ニューヨーク州ヨンカーズで成長した。内縁の関係であった両親は彼女の誕生後間もなく関係を解消している。母はエラを連れて別の男性とニューヨークへ出た後、妹をもうける傍ら
『エラ・フィッツジェラルド』の画像

昔、「みなみらんぼう」って名前を聞いた時に、正直何者なのだこの男はと思った・・・。 名前につられて興味があったので調べて見たら、彼の本名は南寛康で「らんぼう」と言うらしい。芸名の「らんぼう」は、フランスの詩人アルチュール・ランボーにあやかって付けたそうな
『みなみらんぼうって!?』の画像

前野 曜子(本名は前野 耀子)(1948年1月25日~ 1988年7月31日) 1948年東京都中央区銀座に生まれる。川村高等学校に進学したが満17歳の時中途退学して宝塚音楽学校へ入学した。1967年第53期生として宝塚歌劇団へ入団。同年の星組公演『世界はひとつ』が初舞台公演の演目で
『40歳で早世した前野曜子』の画像

ジョルジュ・ムスタキってご存知ですか?  若い頃勤め先の近所に「アムール」と言う喫茶店があった。そこでいつもその頃流れていたのがジョルジュ・ムスタキの「私の孤独」と言う曲だった。勿論その頃の私はジョルジュ・ムスタキなんて知るよしもない。ただいつも流れている
『私の孤独=ジョルジュ・ムスタキ』の画像

1976年東芝EMIより歌手としてデビュー。代表作に「あじさい寺」がある。 ラジオの深夜番組から流れて来た透明感のある歌声・・・それが「思い出橋」と言う歌だった。はて?聴いたことないなあ〜〜これは、なんて言う歌手!?と思っていたら曲の紹介で「北川とみ」と言う歌手
『北川とみ』の画像

エリック・アルフレッド・レスリ・サティ(Erik Alfred Leslie Satie) (1866年~1925年)フランスの作曲家である。 サティは「音楽界の異端児」「音楽界の変わり者」と呼ばれていた。また西洋音楽にも大きな影響を与えたと言われている。ドビュッシー、ラヴェルもその影響
『音楽界の異端児 エリック・サティ』の画像

モダン・ジャズ・カルテット (Modern Jazz Quartet)アメリカ合衆国のジャズバンドで1952年にミルト・ジャクソンらによって結成された。結成前の1951年にはミルト・ジャクソン・カルテット(Milt Jackson Quartet)と名乗っていた。面白いことに略称は両方ともMJQである。 ミ
『モダン・ジャズ・カルテット』の画像

オイゲン・キケロ (Eugen Cicero、Eugen Cziczeo、ルーマニア名 Eugen Ciceu、1940〜1997年) ジャズ・ピアノ奏者。クラシックをジャズ化して演奏し、成功を収めた第一人者である。中でもバッハの作品のジャズ化が有名である。息子のロゲル・キケロ(Roger Cicero)は、ド
『オイゲン・キケロを聴く!』の画像

↑このページのトップヘ