私は、別に泉谷しげるが好きだって訳じゃないけどさ・・・。

でも何か、時々泉谷しげるの「春夏秋冬」聴きたくなるんだなあ・・・・。

いい歌だと思うよ・・・どちらかと言うと名曲だと思うなあ・・・。

もっとも、泉谷しげるのあの哀愁のあるだみ声で歌うからいいのかもしれないけど・・・。

「春夏秋冬」2曲アップしてみたけど上の「春夏秋冬」と下の「春夏秋冬」とでは、アレンジが変わってるから聴き比べてみ見ると面白いかも・・・。

ついでに泉谷しげるの中で好きな曲「寒い国から来た手紙」、これバラードで中々いいなあ。泉谷しげるって良く、がなって歌ってたけど、バラードには結構いい曲多いだよね。

泉谷しげるってデビューした頃、顔もおっさんぽい感じだったけど、今は髪の毛は薄くなったけども顔はあんまり昔と変わってない。年齢重ねて味のあるいい顔になったと思うな。

ハンサムって言うのは、上手く歳をとらんと惨めだけど・・・最初からおっさん顔って、歳をとっていい顔になる人多いよね・・・(^_-)-

 

泉谷しげる(1948511日~)シンガーソングライター(主にフォークソング)、俳優、タレント。

青森県青森市長島出身の両親の元で生まれ、3歳から東京都目黒区東山で育つ。自宅は鴻之巣橋たもとにあった。目黒区立東山中学校卒。東京都立目黒高等学校を1週間で中退後、いろいろな職についたが長続きせず。

ローリングストーンズに憧れ、ロックバンドを組んでいたが、18歳の時、自宅が火事で全焼しエレキギター、アンプなど機材を全て失い、やむなくフォークギター1本で出来るフォークシンガーとなる。この頃には漫画雑誌『ガロ』に投稿し、漫画家を目指そうとしていた。

幼少時に小児麻痺に罹患、後遺症のため歩行が不自由となった。