セロニアス・スフィア・モンク
(1917.10.10 ~ 1982.2.17)


アメリカのジャズ・ピアニストである。即興演奏における独特のスタイルと、数多くのスタンダード・ナンバーの作曲で知られる。

モンクの人生の初期については、殆ど知られていない。ノースカロライナ州ロッキーマウントに生まれ、その後間もなく、モンクの家族はニューヨークへ移り住んだ。6歳の時にピアノの演奏を始め、多少の正式なレッスンを受けてはいたが、本質的には独学と思われる。

10代の頃にはある福音派の伝道者とともにしばらく各地を回り、教会のオルガンを弾いていた。10代の末頃に、モンクはジャズ演奏の仕事が見付かり始めた。1941年頃のジェリー・ニューマンの録音に登場している。この録音は、ニューヨークのクラブ、「ミントンズ」で行われ、モンクはここでこのクラブのバンドのピアニストとして雇われていた。

40年代初頭より、ジャズ・ピアニストとしての活動を始める。モンクの演奏スタイルは、この頃は「ハード・スウィンギング」と呼ばれる類いのもので、 アート・テイタムのスタイルに近かった。 1944年にモンクは、自身の最初のスタジオ録音をコールマン・ホーキンス・カルテットと共に行っている。

1947年にネリー・スミスと結婚し、同じ年にモンクのバンド・リーダーとしての初めての録音がなされた。モンクはビバップの誕生を告げたチャーリー・パーカー、ディジー・ガレスピーの『バード&ディズ』(1947年)に参加した。 1950年代と1960年代を通して、モンクは巡業と録音とをこなした。 1970年代の始めからは、舞台から姿を消した。 1971年11月にモンクの最後の録音が行われ、モンクの生涯の最後の10年間はごく数回の演奏が行われたのみである。精神科医はモンクが双極性障害(躁鬱病)の可能性があることを見逃していたという。モンクの悲劇は、医療の貧困にもあると記されている。また、別の医師はモンクが処方された薬品の副作用を指摘しているが、諸説あり、断定は難しい。

1982年に脳梗塞で亡くなった。ニューヨーク州ハーツデイルにあるファーンクリフ墓地に埋葬された。