前野 曜子(本名は前野 耀子)(1948年1月25日~ 1988年7月31日)

1948年東京都中央区銀座に生まれる。川村高等学校に進学したが満17歳の時中途退学して宝塚音楽学校へ入学した。1967年第53期生として宝塚歌劇団へ入団。同年の星組公演『世界はひとつ』が初舞台公演の演目であった。宝塚歌劇団在籍中の芸名は 千晶(ゆみ ちあき)である。宝塚での同期は54名、室町あかねや小松美保がいた。1968年同劇団を退団した。
その後宝塚時代に知り合った亀渕友香とディスコ「赤坂ムゲン」で再会してリッキー&960ポンドに参加、翌1969年「ワッハッハ」(CBSソニー)がヒットを記録する。この頃は西丘 有理と名乗っていた。1971年ペドロ&カプリシャスに初代ヴォーカルとして参加、「別れの朝」が大ヒットを記録する。 1972年9月、「ペドロの前野曜子が倒れた」と週刊明星に報道される。1973年、ペドロ&カプリシャスを脱退し、ソロとしてライブハウスなどで歌手活動を再開後、1976年(昭和51年)に古巣のリッキー&960ポンドに復帰する。1977年(昭和52年)9月、リッキー&960ポンドとアルバム『ABRAZAME』を録音。同グループに3年間所属した後、再び脱退する。 1979年に映画『蘇える金狼』の主題歌『蘇える金狼のテーマ』をリリースする。1980年、映画『野獣死すべし』に出演する。1980年代初期には自己のバンドを組みリサイタルを行った。1982年から始まったテレビアニメ『スペースコブラ』(フジテレビ)のテーマ曲を歌う。同時期、都内の病院に入院し闘病が開始したとされている。 アルコール依存症等が深刻化して、1988年7月31日、心不全で死去した。まだ満40歳の若さで死去した。訃報についてはリアルタイムに報道されることなく、1991年4月23日に発行された『女性自身』(光文社)が3年後に初めて報じた。(敬称略)