テイク・ファイブの聴き比べてです。ごゆっくりどうぞ!

テイク・ファイブ ポール・デスモンドが作曲し、デイヴ・ブルーベック・カルテットの1959年のアルバム『タイム・アウト(英語版)』に収録されたジャズ曲である。 曲名の由来にもなった、珍しい5/4拍子の使用で有名である。ニューヨーク市にあるコロムビアの30丁目スタジオ(CBS 30th Street Studio)で、1959年6月25日、7月1日、8月18日に録音されこの曲はグループの最も有名なレコードになった。独特で覚えやすいサキソフォンのメロディと創造的で力強いドラムソロで有名である。この曲の初演は、1959年、デイブ・ブルーベック・カルテットがニューヨーク市のヴィレッジ・ゲイトナイトクラブ(英語版)でライブ演奏したときである。Eフラットマイナーのキーで演奏され、その独特のEフラットマイナーブルースのリックとEフラットマイナーBフラットマイナージャンプコード進行が特徴である。 このようなスタイルの音楽のヒントを得たのは、ブルーベックが、米国務省主催のユーラシア大陸ツアー中に、 トルコでブルガリア音楽の影響を受けたストリートミュージシャングループが演奏するトルコの伝統的な民謡が、西洋の音楽には珍しい9/8拍子で演奏されるのを見たときである。地元のオーケストラの音楽家からこの形式を学んだ後、ブルーベックはジャズの4/4の通常のリズムから外れて、海外で経験した、よりエキゾチックなスタイルで実験的アルバムを作成することとなった。 「テイク・ファイブ」は5 拍子を使用する最初のジャズ曲ではなかったが、米国ではじめて主流となる重要性を達成した曲の1つであり、発表の2年後、1961年にBillboard Hot 100で25位、ビルボードのイージーリスニングチャートで25位となった。 "テイク・ファイブ"はデイブ·ブルーベック·カルテットによりグループの活動中に何度も再録音されライブ演奏が行われた。また、多くのカバー曲がある。デイヴ・ブルーベックと妻アイオラによる歌詞でカーメン・マクレエのボーカルによって1961年録音されたものがある。アル・ジャロウは、1976年にドイツで曲の珍しいスキャットバージョンを演奏した。 "テイク・ファイブ"は、数え切れないほどの映画、テレビのサウンドトラック、そして、今も多くのラジオ局でかかっている。60年代始めのNBCの "Today" 番組でテーマ曲として数年使用され、コーナーの開始時に1日に5回ほどかかっていた。 1977年デスモンドは彼の死に際して、「テイク・ファイブ」を含む曲の著作権を アメリカ赤十字に寄贈した。それにより赤十字は1年に10万ドルのロイヤリティを受け取ることとなった。