中山 ラビ(なかやま らび)
シンガーソングライター。
東京都生まれ。詩人の中山容が訳詞したボブ・ディランの歌でライブ・デビューし、その後、大きな影響を受けたため、女ボブ・ディランといわれた。「中山」姓も中山容にちなんだもの。東京都国分寺市の喫茶店「ほんやら洞」のオーナーを務めながらライブ活動を継続している。年齢・本名非公表。 1972年12月、ポリドールから1stアルバム「私ってこんな」でメジャーデビュー。はっぴいえんどの細野晴臣、"乱魔堂"の洪栄龍らがバッキングバンドとしてサポート。1976年1月から翌年春にかけて、ニッポン放送の日曜日の深夜番組でパーソナリティーを務め、注目される。同年3月、シングル「時よおやすみ」が向田邦子らの脚本によるTBSドラマ「結婚前夜シリーズ」(全12回)の主題歌となる。続いて同年11月、桃井かおり主演のNHKドラマ「小夜子の駅」のために、「かえりたくって」を書き下ろし、一度は中山の歌を耳にしたことがある人が急増する。この時期も、地道に各地のライブハウスで活動する。 1981年9月29日~30日、渋谷ジァン・ジァンでのひとり芝居のために作曲した挿入歌を歌う。これを機会に、演劇や舞踊など他分野とのコラボレーションに取り組むようになる。加藤和彦のプロデュースの下に、アルバム制作はもちろん、斬新なステージ、イベントに取り組む。斉藤由貴主演、相米慎二監督の映画『雪の断章 情熱』(1985年、東宝)に「ノスタルジィ」が使われ、新しい世代への浸透が期待される。しかし、1987年を最後にアルバム制作、ライブ活動を停止。1988年の出産以降、完全に音楽活動を停止する。 1997年3月7日、音楽活動の原点となった中山容が亡くなり、3月30日、高田渡とともに「偲ぶ会」を開き、約10年ぶりに歌う。これを契機として、音楽活動を再開し、中山容の命日にあたる1999年3月7日、中山ラビBANDとして展覧会の日替りライブに出演した。 2006年7月、『ゴールデン☆ベスト 中山ラビ』がリリースされ、新たに結成したバンド「ラビ組」を編成してレコーディングした『ラビ組』のネットによるダウンロードを同時に開始した。同年9月、針生一郎、重信メイ、大野一雄、鶴見俊輔、金芝河らが出演する長編ドキュメンタリー映画『9.11-8.15 日本心中』の挿入歌を担当。記念イベントでも歌った。 2009年、DVD「ラビ組ライブ2008」(2008年吉祥寺スターパインズカフェ)をリリースした。