稲葉 喜美子(いなば きみこ、1957年3月8日 ~)
1980年代半ばから1990年代始めに活動した神奈川県横浜市出身の女性シンガーソングライター。愛称はMaria(マリア)。

実家は横浜市内で自動車整備業を営んでおり、7人姉妹の末子だった。近隣から流れるFENをきいて音楽に目覚め、『特に影響をうけた音楽家はジャニス・ジョプリン、5歳から歌作りを始めた(本人談)』という。

学業などの傍ら14歳から市内・日の出町のライブハウスに出演し音楽活動を徐々に本格化。高校卒業後就職、会社員として働いていたが1979年ライオン・フォーク・ビレッジ関東地区大会グランプリ受賞。しかしまもなく大病を発症し、療養に専念、プロデビューは三年後の1982年まで待たなくてはならなかった。

1982年日本コロムビアからシングル「願ひごと~公園於」、アルバム『愛しき人へ』をリリース。しかし、本人がたびたび健康を害していて(大の酒・煙草好きだったといわれる)、歴代の所属事務所が弱小な上、当時、演歌偏重の社風だった日本コロムビアはニューミュージック部門に力を入れていなかった。その上、ヒット曲・タイアップにも恵まれなかった。一度TBS昼ドラマ『朝の夢』の主題歌にはなったことがあるが、東宝の映画『姉妹坂』(原作大山和栄・監督大林宣彦)の主題歌に内定もその後急遽布施明「姉妹坂」に変更され取消となってしまう不運な事態もあった。

そのため1993年アルバム『倖せの隣り』をリリースし、当時の事務所との所属契約が終了した後、現在に至るまで、全く公式の活動(リリース・ライブ等)を行っておらず事実上の引退状態となり現在に至る。