カサンドラ・ウィルソン (Cassandra Wilson, 1955年12月4日 ~ ) アメリカ・ミシシッピ州ジャクソン出身の女性ジャズ歌手・シンガーソングライターである。1996年度・2008年度のグラミー賞最優秀ジャズ・ヴォーカル・アルバム賞の受賞者。1990年代を代表するジャズ歌手の一人として評価された[2]。 レパートリーは広く、ジャズとブルースのスタンダード・ナンバーから、ポップ、ロックまで歌う。自作曲も多い。ブルージーな声質で、女性としては非常に低い声域を持つ。音楽スタイルはスウィング、ファンク、ボサノヴァの影響を受けている。 彼女はその魅惑的なハスキーボイスと、どんなジャンルの曲やレパートリーでも紛れもなく自分のものにしてしまうことでよく知られている。カサンドラ・ウィルソンが初めて、ジャズの熱狂的ファン達の間で注目されるようになったのは、80年代半ば、サクソフォニストのスティーヴ・コールマン率いる集団M-Baseの一員になってからである。 しかしカサンドラ・ウィルソンの作品がより広く一般に知られるようになったのはインディ・レーベルJMTからアルバム7枚をリリースした後に993年にブルー・ノートへ移ってからである。