ミリアム・ストックリー(Miriam Stockley、1962年4月15日 〜 )


南アフリカ共和国出身の女性ボーカリスト。

12歳の頃から母国で活動を始め、英国へ移住後はフレディ・マーキュリーやカイリー・ミノーグらの作品でバック・ボーカルを務めたほか、BBCで放送されていた風刺人形劇「Spitting Image」にも声優として参加していた。

セッション・ミュージシャンのサイモン・ゴールデンバーグとジェフ・マコーミックによるフィアットのCM音楽にボーカリストとして参加、これが評判となったため3人はプレイズ(Praise)というユニットを結成、1991年にシングル「オンリー・ユー」(フィアットCM曲のフルバージョン)、翌年にセルフ・タイトルのアルバムを発表する。2ndシングル「イージー・ウェイ・アウト」は日本でも一部のFM局で評判になった。

作曲家のカール・ジェンキンスとマイク・ラトリッジによるデルタ航空のCM音楽にボーカリストとして参加、これが評判となり1995年に結成されたアディエマスのメイン・ボーカルとして脚光を浴びる。2001年9月の日本公演時に来日。

1999年からソロ活動を行っており、2001年にアディエマスを離れた後、拠点を米国へと移す。

影響を受けた歌手・バンドとしてイーグルス、カーペンターズ、テイク6、ピーター・ガブリエルを挙げている。