ある日ある時・・・

ふと足をとめて、記憶の通い路を彷徨う自分を眺める。悟りとは無縁の未熟を楽しむ・・・。

ある日ある時・・・ イメージ画像

音楽

小椋佳の歌詞は言葉が実に綺麗だ。彼の歌詞を聞いて,日本語の美しさを知ったような気がする。若い頃、彼に完全に嵌った。彼の歌詞を聴きながら甘く切ない青春の一時期を過ごしたような気がする・・・。 「白い一日」の歌詞の中に,「真っ白な陶磁器を 眺めては飽きもせず
『小椋佳』の画像

ちあき なおみ(1947年~)元歌手、女優。 東京都板橋区出身。3姉妹の末っ子。米軍キャンプ、ジャズ喫茶やキャバレーで歌ったり、演歌歌手としての修行をしたり、下積み時代の10代は芸名を変えながら、いわゆるドサ回りで全国を回る。橋幸夫やこまどり姉妹などの前座歌手
『ちあきなおみを聴く!』の画像

佐井好子なんて、言ったって多分知らないだろうなあ・・・。 彼女は、1970年代後半にひっそりと活動したシンガーソングライターだったんだけど・・・。4枚のアルバムを発表したが、特にヒットする曲もなくひっそりと姿を消して行ったんだ。 当時でも、彼女の歌が一般受けす
『佐井好子なんて知らないだろうなあ・・・』の画像

昔、「みなみらんぼう」って名前を聞いた時に、正直何者なのだこの男はと思った・・・。 名前につられて興味があったので調べて見たら、彼の本名は南寛康で「らんぼう」と言うらしい。芸名の「らんぼう」は、フランスの詩人アルチュール・ランボーにあやかって付けたそうな
『みなみらんぼうって!?』の画像

前野 曜子(本名は前野 耀子)(1948年1月25日~ 1988年7月31日) 1948年東京都中央区銀座に生まれる。川村高等学校に進学したが満17歳の時中途退学して宝塚音楽学校へ入学した。1967年第53期生として宝塚歌劇団へ入団。同年の星組公演『世界はひとつ』が初舞台公演の演目で
『40歳で早世した前野曜子』の画像

↑このページのトップヘ